パティシエを目指す学校|巷でウワサのnlpとは何かを知ろう|無我の境地に辿り着く

巷でウワサのnlpとは何かを知ろう|無我の境地に辿り着く

ウーマン

パティシエを目指す学校

材料

早い段階で学べる

製菓づくりの職人をパティシエと言い、日本では主に洋菓子店や洋食店などで活躍しています。製菓は他の料理と違って繊細な作業が求められる一方、センスも必要な職業です。日本ではフランスの洋菓子を基本とした製菓が人気のため、芸術性も高く評価されているのです。このようなパティシエを目指すには、専門学校での学習が役立ちます。特に高校の時点で専門性を追求していける学校もあり、卒業後に就職、あるいは海外へ留学する手段も選べます。製菓が学べる高校では、知識の習得や実習を中心に3年間を送っていくことになります。早く製菓の道で活躍していきたい人には最適な学習となり、充実度の高い高校生活を送ることもできます。パティシエに興味のある人は、高校の段階からその道へ進んでいくことができるのです。

卒業後の進路を応援

製菓の高校では、いろいろな講師がその技術やセンスを教えています。お店を構える現役のパティシエや、本場の製菓を教える外国人講師がいる高校もあります。こういうところではほとんどの授業が実習となる場合が多く、いろいろな製菓を作る過程で経験が得られます。この経験が就職のときに役立つことになるため、やはり実習は欠かせません。そして、高校では卒業後の進路に対しても力を入れています。高校から専門的な分野を学ぶところでは、卒業と同時にほとんどの人が就職をしています。洋菓子店や洋食店などへの就職斡旋を行っているため、職探しに困ることもほとんどありません。高校で学んできたことが就職によって活かされるため、就職の斡旋に心配のないところが安心できます。製菓の高校へ入学を考えている場合は、資料請求や現場で見学をしていくなどして決断するようにしましょう。